Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D

空調工事継続中~ 

ダクト工事(風道)が 形になってきた タイミングで

保温屋 投入~ 保温屋って 専門職  

名称は熱絶縁工 つまり グラスウール等の保温材を巻く職人

このダクトは 温風の保温  外気の結露防止 の ために

グラスウールを巻きます。   

その前準備が  「鋲」 を 打つ! 

打つと言っても ボンドで貼るんですけど   

DSCN1647.jpg
剣山みたいな 鋲を 一本 一本・・・ 一本 一本   

地味に現場は 進んでます・・・
スポンサーサイト

D220㌧

220㌧クレーン   別に大きい機械が好きなだけでは無いんです。

まぁ、最近の菱熱は ビルまるごと改修工事の終盤にきまして

DSCN1628.jpg
機械室の改修をやってます。

古い冷温水発生器 吸収式 と クーリングタワーと 言う機械を解体搬出しようと

そこで220㌧ クレーン登場なんです

べつに 冷温水発生機が 200㌧あるわけじゃないんですけど 

距離や角度、重さ6.4㌧ 等を 考えたら そんな機械が選択されまして

 そんな 派手な仕事ばかりかと言うと そうじゃなく

地味なほうが時間がかかるもんです仕事と言うものは  

運び出す機械に 熱媒液 として  臭化リチウム と言う 液体が入っていまして

この液体が くせもので 強アルカリで 産業廃棄物の中でも 特別管理型産業廃棄物になり

この近くでは 苫小牧に処理場が あり そこまでは 液体の収集運搬の許可をもった業者が運びます

DSCN1561.jpg
機械から抜くのも 専門業者  抜いて ポリ容器50個 

日程の都合で 手運び  これが 比重が 1.4ぐらいだから 重たいのなんの

地味に50個運び 苫小牧のトラックに手積み 
DSCN1588.jpg
準備が整ったら 室外へ 6.4㌧を動かします 

搬入屋 と 呼ばれる専門屋 
DSCN1608.jpg
機械室のドア 左右2㌢ しか 余裕無し 

DSCN1611.jpg
無事に屋外へ 

クレーンの準備と同時作業 総勢20人の各職のプロたち 

クレーンも大きいと マゴダシ 作業も 大掛かり

DSCN1613.jpg
マゴ と 言っても 20㌧クラスのクレーンの ブームくらいあって 

マゴが3段伸びるんです 
DSCN1599.jpg

やっと 準備が整った所で 
DSCN1626.jpg
6.4㌧ つり上がり 一安心

DSCN1619.jpg
もうひとつの クーリングタワーも 無事に 完了

新規機械搬入も 時間はかかったが なんとか終了
DSCN1629.jpg
すっかり 朝になりました  クレーンを収納して 終了!


これで 終わらないのが 菱熱の仕事・・・

朝ですから そのままスタート  

新しい機械の 機械基礎が ちょっと割れてたんで 

DSCN1584.jpg

グラウト注入       特殊な液体を 入れて補修


そんなこんなで ジミーに 現場は 進んでます。


寒くなってきました  みんな 元気かな  風邪などひかないでね。

じゃ  また 近々。

 

Dガスメーター 

巨大ガスメーター   
P1000424.jpg
ほうき と 比べないと 大きさ つたわらないな・・・
DFC2カウンター
Dプロフィール

菱@熱

Author:菱@熱
(m^o^m)

D最新記事
D最新トラックバック
D最新コメント
D月別アーカイブ
Dカテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。